絵画部

絵画部

事業
絵画による表現・創作活動をとおして、自己の啓発及び社会への貢献、後進の育成にあたるとともに、「宮城県芸術祭絵画展」で研鑽の成果を発表する
運営内規
[趣  旨]
社団法人宮城県芸術協会定款にのっとり、同協会の運営にあたる部門の一つとして絵画部の運営を一層円滑にするため「絵画部運営内規」を定める。
[目  的]
社団法人宮城県芸術協会絵画部は、絵画による表現・創作活動を通して、自己の啓発及び社会への貢献、後進の育成にあたる。
[活  動]

1.絵画部は、協会の主催する「宮城県芸術祭絵画展」をとおして、研鑽の成果を発表する。

2.絵画部会員相互の交流、親睦、後進の育成を図るために、次の事を行う。

○絵画部運営委員会の総会

○研修スケッチ旅行

○アート・バザール

○絵画部公募展

[運  営  委  員  会]

1.絵画部の運営を円滑にするために運営委員会をおき、運営委員会の互選により主任1名、副主任1名を選出する。

2.運営委員会は主任が招集する。主任が事故あるときは副主任が代行する。

3.運営委員会は絵画部を代表して、運営に関しての企画、設営、運用にあたる。

4.運営委員会は、絵画部所属の協会理事、監事、評議委員と絵画部より選出された運営委員によって構成する。

5.運営委員の任期は、協会定款に準じて2年とする。但し、再任を妨げない。

6.運営委員の選出については、次の基準を設ける。

(1)芸術祭絵画展において芸術賞2回、又は受賞歴5回以上の実績のある者。

(2)会員で(1)と同等以上の実績を認められる者。

(3)実績があり、さらに会の運営に関して皆無に積極的に参加し、運営に尽力できるもの。

(4)選出方法は、上記(1)(2)(3)(4)に基づき主任が運営委員会に提案し出席者の過半数以上の賛成を得て選出する。

[会  員]
絵画部会員の推薦については、次の基準を設ける。

(1)絵画部会員は推薦委員2名以上とし、推薦書及び被推薦者の過去3年間の30号以上の作品(水彩及び版画についてはこれに準ずる作品)のカラー写真を提出するものとする。

(2)提出された推薦書及び作品写真により、運営委員会の出席者の過半以上の承認を得て、新会員候補者に決定する。 次の委員会に、候補者に最近1年間の代表作2点以内の提出を求め、作品審査により出席者の過半数の賛成を原則として、新会員推挙を決定する。

(3)入会手続き等は、協会定款の定めるところによる。

(4)推薦者は入会について、会費の納入、行事の参加(展覧会)など責任をもてること。

[公  募  展]
絵画部会員の底辺の拡大及び美術活動の普及、啓蒙のために公募展を企画、運営する。
公募展に関する規定等は別に定める。

附  則
この内規は平成5年5月1日16日から施行する。
平成9年5月24日改定
平成10年4月25日改定
会員名簿
会員名簿一覧へ

ページのトップへ戻る